バストアップサプリでブラが2サイズ大きくなりました

思春期になってから、胸のことでずっと悩んでいました。他の女性が、少しずつ胸が張りだしてきて、体のラインがまろやかになっていくのをしり目に、自分の体は貧弱の極みのままで来ていたからです。胸はずっとAカップのまま、体はガリガリで着たままでした。

22歳になって、自分で自分の為に使えるお金が、そこそこできるようになってから、「これではいけない。何か手を打たないと、夏に水着が切れないどころではない」と感じて色々な方法を試してみました。体操やエクササイズから食事、バスアップクリ-ム、バストアップサプリ等、わずかな金額ですが、その少ないお金の続く限り、出来ることを大体やってみました。体操やエクササイズ、食事については、確かに効果がある程度ありました。バストも少し大きくなりましたが、体も少し太ったかなあという感じで、少し効果ありかなあという感じでした。ただずっと続けるには根気がいるなあという感じでした。

バストアップクリ-ムについては、効果がありましたが、少し期待していたものとは異なりました。すべてのバストアップクリ-ムを試したのでないのですが、私の使ったものは、バストを全体的に大きくはしてくれましたが、だらりとした感じなってしまい、個人的にはやや拍子抜けでした。ただブラはワンサイズ大きいものになったもののでまあ、結果オ-ライということになるのでしょう。

バストアップサプリは商品としては、10数種類が現在市販されているし、特殊なル-トを使ってではなく、簡単に手に入れられます。私はのその中の5種類を試してみました。5社の商品は、健康志向のもの、つまり添加物は張っていないことを主張する商品、価格にも大きなさがありずっと続けるにはやや厳しいものもあります。効果があったのは、添加物が入っていて、価格がそこそこ高いものでした。

胸全体が、大きくなってきているのがわかりますし、ブラが昔と比べると2サイズ大きいものに変えました。そして胸自体に張りが出て、彼氏に驚かれました。愛し合う回数も、自然と増えて困っています。

リゾレーヌゼリーの口コミと評判を検証!バスト効果を体験レビュー

夏場にビオレの汗ふきシートを活用

汗っかきなので特に夏場は制汗スプレーが欠かせませんでしたが、最近はそれでも十分にクールダウン出来ている気がせず、物足りなさを感じていました。
そこでビオレの汗ふきシートの存在を知り、活用してみたところ、汗を直に拭き取ることができ、
制汗剤の直接気になる場所に付けられるので効果がてきめんであることが分かりました。

汗を拭き取った箇所は清涼感があり、とても快適です。
また、匂いもマリン風の夏らしくて爽やかなおしゃれな香りがあり、香りも普通の制汗スプレーと比較すると持続するので気に入っています。
また、制汗スプレーと比較すると持ち運びもコンパクトで、制汗剤が容器から漏れ出す心配もないのでとてもよいです。

ただ、欠点としては制汗剤と比較するとすぐに使い切れてしまうのでお金がかかる点、
開封してから早めに使いきらないとシートが乾燥してしまう点、汗を拭く度にシートのゴミが出てしまう点が挙げられます。
しかし、汗を直接拭き取ることができ、持続性のある清涼感と爽やかな香りが大変魅力的であり、非常にメリットを感じているのでもう手放せません。

汗の臭い対策は、とても大事です。

体臭が気になるため、外出前に制汗剤をつけています。長年愛用しているのは、「ミネラルデオストーン ミョウバンクリスタルスプレー」です。
無臭の水のようにサラサラの液体ですが、効果は高く汗をかいても臭いません。
一日中安心できるので、私のお守り代わりです。脇だけではなく、胸元や足につけることもあります。

一時期ミョウバン水を手作りしていたこともありますが、濃度の調整に悩んだり、
そもそも作る時間が無かったり、と市販の制汗剤を買う方が結果的に良かったです。
また、夏場は頭皮臭も気になるので、「マンダムモワトレ 薬用デオドラントショット」を使用しています。

こちらは、頭皮に数回シュッとスプレーをして全体に揉み込みます。すると頭がスッキリして気持ちが良いです。
臭いは人の印象に大きく作用すると思っているので、なるべく清潔に、無臭でいたいです。
その上で、お気に入りの香りを纏うのも気分転換になっていいかもしれません。

香りでごまかすようなことはしない

汗をかくと、そのうちその汗が臭うことがあります。だから、汗をかいたときはこまめに汗をふき、着替えられるときは着替えます。
でも、何より気をつけているのは、柔軟剤やパフュームなど、強い香りのついているものは使わないことです!
香りが好きなものはたくさんあるのですが、それが汗のニオイと混じったらどうなるかを想像します。

花でもバニラでも、強い香りと汗のニオイはマッチしません。
しかも、たくさんの汗だくの人がいる場所で、それぞれが好みの強い香りを身につけているとしたら想像すると耐えられないのです。
自分がいいと思った香りでも、他人にとってはどうなのかはわからないし、
ましてや、その香りと体臭や汗が混じった場合どうなるのか、考えるとおそろしくなります。

自分が好きなら他人も好きという考えはやめて、その先を想像することで、ニオイテロにならないよう気をつけています。
自分を清潔にすることはもちろん、安易に他の香りでごまかすこともやめるべきです。

ニオイのエチケットとしてやっていること

一年中、ニオイに関して不快な思いを周りにさせないためやっている事を記載します。
まずは脇や足のニオイについて、誰もが常に気にすることと思います。私がやっていることは海外からデオドラント製品を購入、使用しています。

この商品はニオイを抑えるのもあるのですが汗そのものを抑え、雑菌と混ざるのを防いでされます。
夏場、冬場関係なく使用する事でかなりニオイは抑えられます。その後、市販の制汗スプレーを使用しニオイがしないよう気をつけています。
またその他の部位に関してはボディーソープもこちらのを使用しています。

背中、胸元などこちらは制汗ではなくニオイの元を洗い流してくれるタイプです。
耳裏や首元などは洗うとスッキリとして爽やかなミントの香りがします。香水をつける事があまり得意ではないので、同じような方にはおすすめです。

口臭に関しては、しっかりと食後に歯磨きを行うのはもちろんなのですが、口臭を、抑えてくれるタブレットも合わせて使用しています。
食後、どうしても歯磨きができなかった時や人と近い距離でお話する事が分かっている時などは便利です。

靴のニオイに関しては、同じ靴をヘビロテしない事や履いた後は汗を沢山かいているのでしっかり乾燥させます。
その時に消臭ビーズなどを少量、小さなゼリーの容器に入れくつの中もしくは横に置いておきます。

あなたが気を付けている匂いのエチケットを教えてください。

髪の毛につけるトリートメント等の匂いはなるべく匂いのきつくないもの他人が不快にならないように気をつけています。
運動靴で足が蒸れやすいため無香料のデオドラントのシートタイプは欠かせません。常に外出する際には足裏をふき取ってから出かけるようにしています。

脇の匂いには汗をかきやすく他人にも不快感を与えるため無香料の塗るタイプのデオドラントは外出する際にはもちろん常に常備するように心掛けています。
汗をかきやすいためムダ毛処理も欠かせません。

香水は匂いがきついのと人によっては香水の匂いで気分が悪くなるかたもいるので基本的につけません。
口臭エチケットとして歯磨きと合わせて洗口液、タブレットは欠かせません。
人と会うときはエチケットとして特に気をつけています。タブレットも常備するようにしています。

基本的に対処する匂いは周りの方のことも考慮するのはもちろん<匂いによって気分を害されるかもいるため>
自身も匂いには敏感で気分が悪くなるため無香料タイプの商品を選ぶようにしています。