乾燥肌はデメリットだらけ!入浴に気をつけて

入浴の度カラダの脂が失われていくのが気になっています。どうにかしてカサカサ肌を回避したいと入浴剤を使い比べてみたけど入浴剤では効果が薄かったんですね。若い頃は入浴剤でかなり肌がしっとりしたのに年を取ったらあっという間に肌が乾燥してしまう・・・。結局水道水の中に塩素が入っているから、入浴時間を短くするとかお湯の温度調節をすることが大事なんですよね。入浴剤を入れてあるから長湯でも大丈夫なんて言えない年になりました。

スキンケアの観点から見ても乾燥肌はデメリットだらけ。乾燥は肌年齢を加速させかゆみが出てくるとそれが元で睡眠不足に・・・。下着も化繊のものは肌への刺激があり身につけられなくなります。これはデメリットしかないとお湯の温度を39度に設定しシャワーも同じく39度設定です。

そして必要以上入浴するのをやめました。39度のお湯では汗がじんわりとしか出てこないけれど、汗がポタポタ垂れるまでお湯に浸かっているのは乾燥の元。じんわり温まったら水滴が残らないようにカラダを拭き乾燥する前に保湿クリームを塗り込んでいます。その箇所はほぼカラダ全体。背中も乾燥すると面倒なので保湿クリームを苦労しながら塗ってます。

かかとも乾燥するとひび割れの原因になると聞いたので予防として保湿クリームを。ただし、かかとにクリームを塗って油断していると廊下などでつるっと滑って転ぶので、クリームを塗ったら靴下を早くはくようにしています。寝るときもそのまま靴下をはいていると朝かかとがつるっとして良い調子ですよ。

スキンケアがちゃんと出来ている状態は実に気持ちが良い。乾燥肌の不快を知るとなんとかして乾燥を回避したいと思うようになり自然に努力できます。若い頃はこんな努力しなくても長湯をしようがカラダをナイロンタオルでガンガンこすろうがいつもしっとり肌でした。年を取るということはこういうことなんだろうな・・・と思う今日この頃です。
ドルミン

口臭で悩んでいたらサプリを使ってみてください

口臭でとても悩んでいます。いつ頃から口臭になったかは覚えていませんが少なくとも学生時代だと思います。人と話すときはいつも無意識なうちに距離を開けていました。体調が悪いという言い訳をしながらマスクを着用をしていました。夏でもです。いまはコロナウイルス問題で誰でもマスクを自発的?にしています。私はそれ以前からでしたので逆に違和感がなく過ごしています。書籍などで口内環境が悪化していることが一番の原因と読んだことがありますが、私は虫歯も歯槽膿漏でもありません。いつも電動歯ブラシできちんと磨いています。食事が終わったら速攻で磨きます。だから外出して外で何か食べるときすぐに歯を磨かなければ落ち着かないのです。もちろん、口腔洗浄剤のようなものも使っていますが、刺激が強いため口の粘膜を痛めるためメーカー選びは慎重にしています。それでも一時的な効果しかもたないのですごく悩んでいます。私は鼻やのどが慢性的に弱くそれが原因と考えたことがありました。もし蓄膿症などであれば口臭の可能性はそこにあるのかも知れないと思い近所の耳鼻咽喉科で診断を受けたら、やはり蓄膿症と診断されました。医者には完治するには長くかかるといわれましたが、蓄膿症という立派な?病気なため無視して治療しないという選択肢はありません。しかし1年たっても2年たっても症状が回復しないため、思い切って大学病院に行って診断してもらうと、なんと蓄膿症ではない!と診断されました。お医者さまが言うには鼻腔内に腫れは確かに認められるが膿など一切なかったとのことでした。主たる原因は鼻中隔湾曲症といって鼻の骨が左側に曲がっているため、物理的に鼻づまりになるとの事で手術が必要とのことでした。では口臭の問題はどこにあるのか?おそらくは胃腸の問題ではないかと思いましたが、口臭外来というのは自由診療です。いわゆる美容整形と同じで値段が非常に高いです。他の方法はないかとネットで調べてみたら口臭対策用のサプリの存在を知りました。体の中からケアをしていきニオイの元から改善していくものです。
実際に使用して1週間くらいで効果が出てきましたよ。気になっていたなら頭の片隅に入れておいてくださいね!
イーイキ(I-IKI)は効果は口コミで知りました

ドッグフードは愛犬の健康に大きな影響がある

わんちゃんはドッグフードを食べて成長します。栄養素のほとんどをドッグフードから摂取しているため、ドッグフードによって健康が左右されることも多いです。

ドッグフードは基本的に色々な原材料で作られているため、栄養のバランスは考えられています。ただ、栄養のバランスよりもコストを重視するドッグフードもあります。食べるわんちゃんの栄養を壊さないように、かさましするため気づきにくいことも少なくありません。

すぐに健康を害すものではないでドッグフードを食べてるわんちゃんは気づかないでしょう。そこは飼い主さんがしっかりとチェックすることが重要になります。原材料を見ると何が入っているのかが確認できます。

ドッグフードの中身まで見ないという人は、次からは細かい点までチェックしましょう。愛犬の健康は飼い主さんの細かな配慮で保たれているのです。ドッグフードで全般的な栄養素が取れなければ、わんちゃんは病気になったときに戦えないかもしれません。

いつ病気になるかは分からないものです。病気になったときに後悔しても遅いです。なる前から予防しておかないと将来的なリスクを払拭できません。

そこで重要になるのがドッグフードの中身です。ドッグフードでチェックすることとして、ドッグフードにこだわっているかを見ることが重要になります。こだわっていないとくず肉を使ったり、かさまししたりなどをするコスト優先のドッグフードの可能性があるからです。

コストよりも健康のために原材料にこだわっているドッグフードの方が安心です。ただ、そのような信用できるドッグフードは価格で勝負をしていないことが多いため、値段は高くなる傾向があります。

たくさん食べるからといって安いドッグフードを食べさせると、通院のリスクなどを拡大させる恐れがあることを認識することが大事でしょう。飼い主さんのリスク管理によって、わんちゃんの健康を守ることもできるのです。

飼い主さんはわんちゃんに長生きをしてもらうため、できることはしてあげましょう。
ドッグフードを探すなら安心犬活の口コミをチェックしましょう

知ってるようで知らない酵素の働きとは?

知ってるようで知らない酵素の働きとは?
酵素といえば消化酵素を思い浮かべますよね。私たちが毎日食べるご飯や野菜などの食べ物を消化分解し、吸収するための酵素です。もう一つ体内で作られる大事な酵素として消化吸収や有害物質の除去などをする代謝酵素があります。また、酵素は熱に弱いというのをご存知でしたか。各々の働きと酵素はどのようにして体内に取り込まれるのかを調べてみました。
1.体内の酵素の働き
唾液の中に含まれているのはアミラーゼです。これはでんぷんを分解してブドウ糖にする酵素として働きます。胃液に含まれているプロテアーゼはタンパク質を分解する酵素です。そして、膵液の中にある、脂肪を分解するリパーゼなどがあります。 これらの酵素が不足すると栄養分を取れないだけではなく、血液がドロドロしてくるといわれています。
一方、代謝酵素の働きは、
①吸収された栄養を体中の細胞に届けて、有効に働く手助けをする。(新陳代謝)
②毒素を汗や尿の中に排出する。 (有害物質の除去)
③体の悪い部分を修復し、病気を治す。(自然治癒力)
④免疫力を高める
などが挙げられます。
近年の研究によって、体内の酵素は人それぞれの遺伝子によって作られる量に限界があることが判ってきました。また、年齢によっても、減少の傾向があります。
詳しくは、こちらも参照
2.体外から摂れる酵素は熱に弱い
酵素は体外から摂ることができます。新鮮な生の食べ物です。生の肉や魚、生野菜、果物には皆酵素が入っています。また、みそ、納豆、糠付けなど発酵食品にも、酵素が豊富に含まれています。
しかし、材料がタンパク質ですから、酵素の特徴としてあげられるのが、熱に弱いということです。一般に酵素が耐えられる温度は50度くらいから、せいぜいから70度くらいまでといわれています。
 つまり、加熱した食べ物に、酵素の働きはないということです。このため、普段の食生活において、加熱したものばかりたべず、酵素の入っている食品を摂るように心がけなければなりません。
簡単な補給方法はないのだろうか?
こちらも参照、簡単な補給方法はないのだろうか?