おすすめのドッグフードは外国産?国産?

ドッグフードを選ぶときに大きく分かれるのは外国産と国産の違いです。どちらもそれぞれに特徴があり、メリット・デメリットなどがあります。

外国産のドッグフードは低価格の市販のものから高級ドッグフードまでかなり幅があります。外国産は産地によって信頼性や栄養バランスの良さなども大きく違ってきます。外国産だと低価格で質もよくないということがありえます。ドッグフードを食べるわんちゃんは文句を言うわけではないため、品質が悪くてもわんちゃんからクレームが出ることはないです。ただ、品質が悪いものを食べ続ければ病気になりやすくなったり、成人病になる可能性も少なくありません。栄養バランスがいいドッグフードを自分の目で確かめる必要があるのです。ただ、原産国だけで判断できないのは難しい問題です。さらに、外国でのドッグフードの審査基準を調べる必要もあるでしょう。その国によって審査基準は違います。日本で禁止されている添加物が外国では大丈夫になっているということもありえます。その国の基準をしっかり把握していないと、自分の基準に合ったドッグフードを選ぶのは難しいでしょう。

一方、国産はドッグフードの基準は決まっています。添加物や香料などに明確な基準があるため、間違うことは少ないでしょう。さらに、国産だと原材料の地域が明記されていると、理解しやすいです。例えば、有明海の海苔と言われれば、海苔の名産地と分かります。外国の地名を言われても名産地と判断するのは難しいかもしれません。厳選された原材料を使っているとドッグフードに書かれていても、外国産では納得するのは簡単ではないでしょう。さらに、国産のドッグフードが外国産より優れている点が一つあります。それは新鮮さです。外国産のドッグフードは船などで輸送されているため、新鮮なものを自宅に届けるのは難しいです。しかし、国産なら作ってすぐに届けることができます。ドッグフードは新鮮であれば保存料などを使う必要がほとんどないため、わんちゃんの健康を害する確率を下げられます。
安心犬活の口コミは愛犬家からのアドバイスが満載